19歳の『 ”旅” へ行けない人に届ける ”世界一周” 疑似体験プログラム』

僕にしか出来ない”旅”を...。僕にしか伝えられない事を...。僕しか届けられない”写真”を...。僕なりの”ボランティア”を...。

世界は知らないことだらけ、泥だらけ...



どーも!!

クメ ユウキ です。




今回書きますのは、

・君は、具体的しにいくの!?




来年4月から行く世界一周において、
2つ大事なポイントがあります。




自分のためになることをする


人のためになることをする




自分のしたいこともちろんする。


ただ、自分のしたいことだけでなく、人のためになることもしたい。


なぜなら、自分のためだけに行く世界一周は誰でもできると思うから。



前回に説明した、この旅の核となる 世界一周へ行きたくても行けない人達に僕の撮った動画を通じて”疑似体験”を届ける』
《 http://lifeisfunny.muragon.com/entry/10.html 》



これも人のためになることですが、行った先の国々でもそういう活動をしたいと思いました。
例えば、ボランティア、一番簡単人ためになること だと思います。
このような活動もして行きたいです。






そして、僕は 世界一周の中で...
7つ大きな目標があります 。




では、まず、そのプランを御紹介します!!



キリマンジャロ 登頂

標高5,895m アフリカ最高峰の山で 七大陸最高峰 の1つである。


山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇り、独自の素晴らしい生態系を持つ事から、世界遺産にも登録されています。


イッテQでは、イモトがはじめて挑んだ "キリマンジャロ" です。


日本では絶対に見れない高さからの景色を見たい。
そして自分がどれくらい根性があるのか試したい。
写真でもわかる様に、こんな壮大で途方に暮れそうな道は日本にないだろう。


登頂までの映像を通して困難は乗り越えられる事努力した末の感動などを伝えたい。


登頂できなかったときの事は...、考えてません。




ネパール地震への支援活動


2015年4月25日11時56分ネパールの首都カトマンズ付近で発生した地震は、Mw7.8の大地震。およそ9,000人が死亡、住宅など90万棟が倒壊した。
日本からも復興支援団体がたくさん行ってるが、地震直後と比べても、今もほとんど復興が進んでいない。
 あまり知られてないと思いますが、ネパール親日国であり、東日本大震災の時にはネパールでもお祈りが行われたり、義援金が集められました。



・今、私たち日本からでも出来る支援活動とは
 
募金や衣類などでの支援
LINEスタンプ「Pray for Nepal」を120円で購入するだけで、日本赤十字に寄付をすることができます。 http://www.jrc.or.jp/activity/international/news/150428_003574.htm


SNSなどを通じて、メッセージを送る
合言葉#PrayForNepal
ネパールの人々へ激励のメッセージを送りましょう。東日本大震災の時、世界中からの「Pray for Japan (日本のために祈ろう)」が届けられました。




・現地僕が出来ることなのか


ネパール へ行って、現地にいる 日本のボランティア団体 に参加させてもらい、支援活動を手伝いながら、地元の人々と話し合ったりして元気づけたいです。

それと同時にネパールの今復興状況現状などを目で見て、聞いて、日本へ発信したいと思っています。
とても小さい事ですが、これが僕なりのボランティアです。





ラ・トマティーナ

スペインで行われるこの祭りは、日本ではイッテQでも取り上げられた事からトマト祭りの名で知られている。


120トンものトマト が4〜5万人もの人々によって投げつけあわれるイカれた祭りである。毎年8月最終水曜日に開催される。知らない人と狂いまくってはしゃぐのが楽しそうだし、海外らしいクレイジーな祭りに是非行きたい!!


この映像を通して、何が伝わるだろう(笑)





スラム街の子供達とストリートサッカー


南米(特にラジ)サッカー 国民的スポーツです。


しかし、貧しく危険な地域が多い事から 将来についてサッカー選手になるか、麻薬に手を出し泥棒になるかと例えられる事もあります。


そのため子ども達は、幼い頃から自分で何とかするしかない環境にあると言います。
靴も買えないから裸足グランドもないから路地自分たちでルールを決め
そして、誰にも負けないハングリー精神があるのです。
 これは、日本環境ではまず学べないでしょう。




幼稚園年中から大学入るまで、ずっとサッカーで育ってきました。


綺麗なグランド新品のスパイクチームのユニフォーム...。
何不自由ない環境で、それが当たり前だと思ってました。
今の子供たちもそう思っているでしょう。
でもその環境しか知らない訳だから仕方ないと思う。


僕はサッカーを通して、たくさんの事を学んできたと思います。
でも、学べてない事もたくさんあると感じました。



だからこそ今スラム街サッカー選手を夢見る子供達一緒にサッカーを通じて、
子供達から色んなことを学びたいし子供達に何か伝えたい!!


また僕の映像から、今 日本サッカーをしている子供達自分たちの環境の有り難み努力の量の違い自分の甘さを少しでも伝えられたらいいなと思います!!





アフリカで部族との交流

アフリカには約80の部族がいるとされていて、母語として話される言葉は 約2100〜3000 もある。でも アラビア語、ベルベル語、アムハラ語、ソマリ
語、オロモ語、スワヒリ語、ハウサ語、イボ語、ヨルバ語
数千万人によって
話されている。


私が部族に興味を持ったのは、ヨシダ ナギさんの影響です。
僕はクレイジージャーニーという番組が好きで、そこで、ヨシダナギさんが『世界一美しい部族と呼ばれるヒンバ族の撮影へ行く』という回がありました。
( ↑ 上図はその写真 )


これを見た時に『世の中には自分の知らない世界が腐る程あるんだ!』と思った。


彼らの持つ 感覚, 価値観, 世界観, 生き甲斐, 生活様式 などは、全く想像もつかない


何に対しては私たちと同じで、何に対しては違うのか。
どういう時代の流れでその今があるのか。
それらは、インターネットだけでは分かりきれない。だから、自分の知りたいと思った。



『自分がどれだけ裕福な生活なのか』『狭い世界にいるのか』『甘い環境にいるのか』など
また、私たちが知らない 『そこでの常識やルール』『信じられないような悲しい現実』 もあるだろう。




そういう"感性として得ること" "知識として得ること"



その2つを映像を通して 日本伝えたい!!



( ヨシダナギさんに興味がある方はコチラへ





グリーンレイク

オーストリア・トラゲス。
普段は森林公園でベンチもあってピクニックに来るような場所だ。だが、春の3ヶ月間だけ そこはダイビングスポットに姿を変える。


囲まれた山々の雪解け水によって、ベンチ木々丸ごと水没してしまう。
そして、、まるで森の中を泳いでるかのような景色。私は”森の中を泳ぐ”というキャッチフレーズに心撃たれた。
違う例えをするなら『水槽の中で泳ぐ淡水魚』になったような感じ!?
こんな不思議すぎる空間は、世界でここでしか味わえないと思うから行きたい!!

ふつーに”絶景”をお届けします♪





貧しい国の学校訪問

東南アジアアフリカには、貧しくて学校に行けない子供達がたくさんいる事は知っていると思います。


”貧困”とは一般的に、1日約200円以下で暮らしている人のこと、を指すそうです。
食事代、家賃、衣服、そして交遊費などの生活費を1か月 6,000円で賄うことを想像してみてください。そして、世界の約10%の人がこの貧困と言われる生活を送っています。そして東南アジアでは最も貧困率が高いのがフィリピンで国民の25%が貧困と言われています。


日本では、ほとんどの子が義務教育を受けれていますが、海外の平均では小学校が85%、中学では50%なんです。
そしてフィリピンの場合、小学校に入学しても30%が、中学高校では50%が、家庭が貧困のために学校に行くことができなくなってしまい卒業前に学校をドロップアウトします。
また『将来の夢が分からない』から、どうせ僕も貧しくなるだろうといって辞める子供も少なくないようです。


そういうところから、自分は何が好きなのか』『自分の夢は何か』『どんな職業があるのかを教えるという授業・ボランティアもあるそうです


海外の貧困層の子どもは、娯楽少なく人と触れ合う時間もないため情緒が不安定だそうです。急に笑いだしたり怒ったり、泣いたり。
だから、貧困の子どもたちと遊びで交流したり、一緒にお絵描きしたり、歌ったりすることもだけでも、立派なボランティアです。


そこから、人に慣れる事感情表現の仕方また夢につながる何かを得れたら最高な事だと思います!!



また、現地の小学校へ出向いて、それまでに撮った写真映像を見せて世界にはこんな素晴らしい場所・景色がある』『こんな人々がいるなど、知らない事をたくさん教えてあげたい。
そこから世界に興味を持ってくれたり、感動してくれたり、希望や夢を持ってくれたり。



何か少しでもいい影響を与えることが出来ると思います!!
  僕にしか出来ないボランティア







最後に!!


今までここまで大きく人のために何かをするということを、考えた事やってみた事がないから、
人のために何かをした時に、自分は何を得れるのか僕は知らない。


でも、人のためになる何かをすることで、自分にとって プラス になる事は絶対にあると思う。
そこでしか出来ない経験また、必ず自分にとって プラス になる!



今回の世界一周では、誰にも負けないくらい 沢山の 色んな 経験をしたい。

そして、それたくさんの人伝えたい。




僕を ”応援・支援” してくださる方はコチラヘ!!



《僕が今までに撮った写真などはコチラ









僕にしか出来ない『世界一周』とは?

こんにちわ!!
クメ ユウキ です : )




来年3月末から1年間1人で世界一周へ行きます。




今回は、その目的について書きます!!



世界一周へ行く目的は何なのか



1つ目は、もちろん自分のため です。


2つ目は、『”世界一周”へ行きたくても行けない人達,子供達へ”世界一周”を届けること』です。



曖昧な表現でと思われたかもしれません。
では、詳しくご説明いたします!!





僕は以前にも書きましたが、今年31ヶ月間 アメリカ横断 をしました。



Los angelsNew york


そして この旅は を大きく変えました。


バス使い...電車使い...時々ヒッチハイクもしながら...。
たくさんの人と出逢い、感動の再会もして、寂しすぎる別れも...。
たくさんの絶景も見た...信じられないような現実
も...。


” Hey!? Are you Japanese? Oh, ICHIRO...ICHIRO!! " と優しい人も居れば...、
" Hey, Yellow monkey!! Fuck off." と若い白人に言われた事も...。






そして、から帰ってきた僕は 祖母 と旅の思い出話をしました。
しかし、今では私が話した事も、行ったことすら覚えていません。


私の祖母は認知症です。


しかし、そんな祖母の一言が僕は忘れられません。



ばぁば元気やったら、ゆうきと一緒に旅行に行きたかったなぁ



僕は、本当に祖母をどうにかして連れてってあげたいとその時、思いました。


しかし、実際、認知症、そして前に がん を患っていた事もあって、やはり行くことは困難だと言われました。




その時、僕は祖母のように『"世界一周"海外行きたくても行く事が出来ない人達、子供達』 はたくさん居ることに気付きました.



体が不自由な方、大きな病と闘っている方、お年を召された方、精神的に難しい方
など。



私はそんな人達に 少しでも世界一周を伝える事が出来る方法 はないかと思いました。




そこで僕は、こんなプロジェクトを考えつきました。



僕は365日間世界一周
毎日 アクションカメラ( GARMIN ) に付けて、1日の行動ずっと撮影します。



朝アラームを止め起きる所 から アラームを設定し布団に入る まで....


カメラつけ撮影することで、
私の目線と同じ映像を届けることができます。


その日撮った動画を、毎日インターネットへ投稿します。



そして!!
行きたくても行けない人たちが、私の動画を観るだけで、自分がそこに居るのと同じ視点に...。
それを通じて “自分が世界一周へ行っている” かのような疑似体験を届けたいのです。





僕の動画でしか出来ないことは何なのか?


皆さんは、ネイチャー番組などで”絶景映像”を見てどんな事を感じますか?
例えば、この ”グランドキャニオン特集”。
The Best View of the Grand Canyon

皆さんは、どう感じましたか?
僕は『綺麗、凄い』『一度行ってみたい』『世界にはこんな所があるんだ』と感じました。
皆さんも同じような事を感じるのではないでしょうか。




では、僕の撮る動画でしか感じられない事は?


 例えば、僕が ”世界一美しい湖” へ行く日があるとします。
舗装されてないデコボコ道をバスで片道6時間…、湖に近づくにつれて増えていく道路脇のゴミ。そして、いざ着くと向こうの勝手な理由で入場拒否されてしまった。
 僕はその瞬間『せっかく楽しみにして来たのに...』『周りがこんな汚いなら絶景じゃない』などと思うでしょう。


では、僕の動画を観てくれている人はどう感じるでしょうか?
 観てくれている人も僕と同じように『せっかく観れるのを楽しみにしてたのに...』『あんな汚いなんて知らなかった、最悪』などと思うでしょう。



他にも...、
・ずっとヒッチハイクしているだけの映像...『退屈』『疲労』『苦痛』
・3時間後...ヒッチハイクで車が止まってくれた映像...『感謝』『人々の暖かさ』『喜び』
・都会の路地裏で痩せ細った子どもがいた映像...『現実と闇の部分』『悲しみ』
・ダイビングスポットへ移動中の船上の映像...『ドキドキ』『興奮』『少しの不安』



このように、普通の映像では伝えられない”感情の共有・体験”が出来ると思うのです!!





その映像からを伝えたいのか?

自分たちが知らないことを伝えたい!!


・世界の素晴らしさ, 醜さ 汚さ
・自分たちはどれだけ幸せか, 不幸か
・どれだけ安全か, 危険か
・幸せの価値観の違い
・命の重さの違い
・自分がどれだけ狭いところで生きているか
・信じられないような現実

    
etc,



普通に生きているだけでは学べない事知れない事自分の肌を持って知り、それをたくさんの人に伝えたい。


そういう知識は、絶対 自分たちにとってプラスになるから!!





最後に...
募金物資支援など”ボランティア”には様々な形があると思います。
その中で、僕は 僕にしか出来ない”ボランティア”をします。




そして この”世界一周”は僕にしか出来ません!!




僕の動画を見てくれた誰かに、少しでも
いい影響
を与えることが出来たならば、それも立派な
ボランティア
だと僕は思います。



自分の為だけに行く
世界一周
なら誰でも出来る。



だから、僕は...人の為にもなる”世界一周をする!!



僕のプログラムを ”応援・支援” して下さる方はコチラへお願い致します。



僕の撮ってきた写真はコチラ!!

『 Who am I !?』

はじめまして!!



クメ ユウキ  と申します。




はじめに...、
こんな沢山のブログの中から、僕のブログを見てくださってありがとうございます(^ー^)


( これは僕です...。)






まず、はじめに 簡単なプロフィール を紹介させていただきます!!


・名前 : 久米 佑宜
・年齢 : 19歳
・職業 : 大学生
・アルバイト : イタリアンレストラン
・趣味 : サッカー,  歌, 料理,  ダンス, etc
・特技 : 人を笑わせること, コミュニケーション
・スポーツ歴 : サッカー, 15年

旅行経験 、4回 ! !



【1度目】人生初めての海外は、小学校5年 家族で グアム旅行  (しかし,記憶にございません。




【2度目】は、 高校修学旅行で 行ったです。
  
エッフェル塔モン・サン=ミッシェル...など
ただ歩いてる人でさえ、モデルみたいにかっこ良くて...。



この時、はじめて 海外の素晴らしさ に惚れました。
人種生活スタイル, マナー違いもちろん危険もたくさん 肌で感じた。


でも 糞みたいな英語力 だった僕でも、
 コミュニケーションが取れた時のあの…喜びというか感動というか…。



そして、大学
とにかく英語が学びたくて 留学がしたくて!!
某大学 英米学部 外国語外国文学専攻 へ進みました。


大学では、海外にかぶれた奴だらけ…。
  ・ラインのトップ画が誰か知らんサングラスかけた外国人
  ・ラインの一言 や Twitterの自己紹介 がEnglish


《 そして大学生が口を揃えて言う言葉ランキング 》
     1位・・・「留学, 行こかな」
     2位・・・「海外, 行こかな」
     3位・・・「1人旅, 行こかな」


これに伴って多発する事件...。


通称 ” 海外 行く行く詐欺 ” と呼ばれます。
「夏休み,海外行ってくるわ」「春休みに,1人でタイ行ってくるわ」と言うだけで、実際に全く行きません。

僕も 詐欺予備軍 の 1人 でした。
しかし、僕の友達がポロっと「お前は詐欺すんなよ!笑」と, 冗談半分で僕に言いました。




そして,1回生…。


【3度目】  独り New York   …。


一言で表すと...『一言で表せない旅』でした。


恐怖に押しつぶされながら、壁にぶち当たりまくり、何度も助けてもらい、友達もでき、自分を信じる力 を得た


※この旅についての詳細は、後日必ず書きますのでご了承ください。





そして一回生春休み…。


【4度目】1ヶ月 アメリカ横断

主にバスヒッチハイク使い、見事達成!!
たくさんホストにも泊めてもらいました。


この旅は...僕の人生を大きくえました。


世界は...自分の知らないことだらけで、自分がどんだけ狭い世界しか見えていなかったのかと。
自分の不甲斐なさを知ることもあれば、
自分の素晴らしさに酔いしれることもありました。


※この旅についての詳細も、後日必ず書きますのでご了承ください。





このを終えて...、私は...
  単独 世 
                         へ行く事を決めた!!




これからは、
・これからいく世界一周について
・19歳 の 1人 New york旅行
・アメリカ横断

   などについても書いていきますので、
   ドシドシ感想やコメント、アドバイスなどお待ちしております。



僕の撮ってきた写真は コチラ で見れます!!

是非、いいね フォローをお願いします。